家賃債務保証|条件が良ければ短期間で売却|ワンルームマンションの投資を始めよう

条件が良ければ短期間で売却|ワンルームマンションの投資を始めよう

家賃債務保証

婦人

物件を貸し出す時も、部屋を借りる時も、通常ならば親族などの連帯保証人が必要になります。連帯保証人とは、借主が家賃を滞納するなどのトラブルを起こした時に、代わりに責任を取る人のことをいいます。最近では、親族に連帯保証人を頼むことができない人や、身寄りのない高齢者の一人暮らしなどが増え、連帯保証人を立てることが難しいといった状況になっています。この場合、通常なら連帯保証人がいないので賃貸契約を行なうことができません。しかし、それらの問題を解決するためのビジネスとして、家賃保証会社が誕生しました。家賃保証会社とは、借主から手数料を得ることで連帯保証人の代理を努めてもらうことのできる会社です。家賃保証会社では、家賃債務保証として入居者が家賃滞納などがあった場合、借主の代わりに貸主へと家賃を代理として立て替え、後日入居者から回収するための会社です。家賃債務保証へ加入することによって、連帯保証人を立てる必要もなくなるので、今まで賃貸契約時に連帯保証人を立てることができないことを理由に断っていた場合でも、家賃保証会社の家賃債務保証に加入してもらうことで入居者として迎え入れることができるようになります。入居者にもメリットがあり、オーナー側でも、家賃滞納の心配もなく、直接入居者へ滞納分の家賃を回収する必要もありません。直接入居者とやり取りをする必要がない分トラブルを避けることもできます。家賃保証会社は、借主にもメリットはありますが、それ以上に貸主のための滞納された家賃を回収する業務を行ってもらうことができるとして、家賃債務保証は貸主にとっても強い味方となるでしょう。家賃保証会社は、比較的新しいサービスとなるので、契約方法や利用方法などは賃貸仲介会社の担当者に詳しく聞くといいでしょう。