条件が良ければ短期間で売却|ワンルームマンションの投資を始めよう

不動産投資を始める

積み木とお金

不動産投資を始めるのに大切なのは、まず情報収集です。最近では沢山の参考書籍が発行されているので、不動産投資について参考にするといいでしょう。また、不動産投資セミナーでは直接参加者から情報を得ることもできます。

Read More

初期費用の少ない投資

空き部屋

一言で不動産投資といっても、様々な方法があります。一棟アパートや一棟マンション、区分マンションなどもあります。一棟アパートと比較すると、初期費用を抑えることができ、さらに管理しやすいという理由でワンルームマンションの投資を考えている人も多くいます。ワンルームマンションの投資にも、新築物件と中古物件があるので、投資金額なども変わってきます。ワンルームマンション投資について、事前に知っておくと実際に投資を初めた時の失敗も不安もありません。まず、ワンルームマンション投資とは、一人暮らし用のワンルームを購入し、入居者から月々安定した家賃収入を得ることのできる投資方法です。ワンルームマンションは、初期投資費用が他の不動産投資よりも少なくなっているので、これから不動産投資を始めようと考えている人でも手軽に始めることができるので、今人気を集めている方法になります。ワンルームマンション投資は、一棟買いと比べても投資金額が少なく、おおよそ1000万円前後から始めることができます。勿論築年数やエリアによっても変わってきますが、一部屋のみを購入するので、他の一棟買いと比べると資金が抑えられるのです。一棟買いをする場合は、建物の他に土地を購入する必要もあるので、投資金額が高額になるのです。経営管理も、マンションの管理会社が元々入っているので、建物全体の管理をする必要はありません。賃貸に関しても、賃貸管理会社に任せることができます。また、ワンルームマンション投資の場合、物件売却が必要になった時エリア条件が良ければ短期間で売却することもできるでしょう。ワンルームマンションは比較的入居希望者も多いので、空室によるリスクも少ないといえます。さらに、長期的に入居契約を行なうことができれば、その分安定した家賃収入を得ることができます。

老後のための投資

マンション

老後のために、マンション経営を行なうことは有効です。マンション経営は、入居者から月々得ることのできる家賃収入により、安定した利益を得ることができます。ローンを完済した後得る家賃は全てオーナーの収入になります。

Read More

家賃債務保証

婦人

賃貸物件を借りる時に、必要になるのが連帯保証人になります。連帯保証人は、借主が家賃を滞納した場合など責任を負うことになる存在ですが、連帯保証人を立てることのできない場合は家賃債務保証を契約することで物件を借りることができます。

Read More